ガジェット 備忘録

IBM Refreshed PCを購入するときに注意すること。 (SSD換装に関して。)

投稿日:2015年12月30日 更新日:


どうも。Thinkともうします。

x220
先日購入したThinkPad X220です。IOSYSさんにてIBM Refreshed版を36000円で購入しました。


「IBMがRefurbishしたこの端末だったら中古を購入しても安心だろ。」
と一切調べることなく購入。

今思えばこの行為が悪夢の始まりだった…

SSD導入にかなりの難あり。

リカバリCDが作れない!?

とりあえず購入した時にはリカバリディスクが付属してこないとの事だったので、リカバリディスクを作成しようと思いThinkPad使用の先駆者が書かれた記事を参考にして、リカバリディスクを作成しようとする。
参考サイトLenovo ThinkVantage Recovery Media で USBメモリーにリカバリーメディアを作成

リカバリーディスクはPCに何かあった時に復旧できるため殆どの場合で作成をおすすめする。作成方法は各メーカやPCによって異なるので、メーカーサイト等を確認あれ。

一様私はSSD換装を目論んでいたのでそれに利用しようとして、作成を試した。

しかし、リカバリディスクを作成するために必要なThinkVantageというソフトが導入されていない。
thinkvantage
画像引用ソースWhat is br_funcs.exe and how do I turn it off?
ThinkVantageとはこんな感じのソフト。

詰んだと思いましたが、lenovoにてソフトウェアが配信されていたのでDLしてインストール。

しかしそこには出荷状態へのリカバリー・ディスクなる表示がなかった。そのため公式機能からのリカバリーディスク作成は断念。

そこで次に考えたことは、リカバリのパーティション自体をddコマンドでファイル化してそれをusbにddすること。
しかしエラーが出てしまい、まともに出来ない。シングルユーザでも全く受け付けない。

とのことでリカバリディスク作成は断念。

クローンだとパーティションがおかしくなる?

リカバリーディスクの作成は諦めて、SSDに現状のOSをのせるとなるとクローンであろう。

とのことで初期状態のパーティションを確認。
初期パーティション

まあこの状態見てWindowsのみをクローンしました。
その結果bootができない。なぜならbootloaderが前の回復パーティションにあるから。

案の定だったのでフルクローンしてやって再チャレンジ。その結果何故かおかしなことになりました。
(画像キャプチャし忘れました…)

何故か回復・bootパーティションが約100GB取ってしまい、実質利用可能領域は250GB中130GBあまりとなってしまいました。
ソフトを変えても同じことになってしまったので、何か回復パーティション自体が特殊な事になってるのではないかと考えられます。

その後gparted,Easeus partition masterなどでパーティションを変更しようとしても、errorで出来ない。
とのことでクローン自体も諦めました。

最終手段 新規インストール。

ここまでダメとなると、もうできることといえば新規インストールのみ。とのことで新規インストールしようとしました。
しかしWindows7 Professional x64のインストールディスクは持っていない。とのことで詰んだと思ったのですが、どうもWindowsのインストールディスクは全部同じでプロダクトキーで判断してるらしい。

いんすこ
なので手持ちのDSP版HPx64ディスクでインストール。
しかしインストール中にプロダクトキーは聞かれない。結局聞かれないままインストールは終了した。

おそらくDSP版はそのverのみしか入っていないようなので注意。

弾かれる
その後のライセンス認証では、もちろん自分が持ってるWindows7 Professionalのコードでは通らない。

アップグレード
とのことでまた考えなおし、とおもいきやよく考えたらアップグレードで対応できるのではと機転が利き(自分で何いってんだか。)行ってみて、プロダクトキーを入れるとすんなりProfessionalに出来ました。

driverbooster

その後ドライバを入れて作業完了。
きちんとMSに正規プロダクトキーと認証もされました。

個人的にIObitのDriverBoosterは愛用しています。いちいちドライバを集める作業が殆ど要らなくなるため再インストールをよく演る人にはオススメのソフトです。
DriverBooster Free DLはこちら

これで私のThinkPad X220 IBM Refreshed verのSSD換装作業は終了です。

総括。そしてIBM Refreshed PCは買うべきか。

とのことでいかがだったでしょうか。最終的な解決方法はかなり強引に終わってしまいました。

モバイル機器のスピンドルオフ化(SSD化)は最近の流行ですし、故障率の低下にもつながります。そのため個人的にはオススメのカスタムですね。

なのでこのような強引な方法ができる方はIBM Refreshed PCを買っても幸せになれるのでは無いでしょうか。
もしくはHDDのままで使用する方かな。

(Windows7のisoファイルをDLしようとしてMS公式のDLサイトに行ってプロダクトキーを入れてみたものの、OEM品のため無理と弾かれました…)
MS公式DLサイトはこちら

公式ISOをDLするためにプロダクトキーをゴニョゴニョして手に入れたり、そもそもISOをどっかからDLしてくるとか言う手もありますが、法律的に触れるかもしれないため(主に後者)自己責任で。著者は一切の責任を負いません。

IBM Refreshed PC自体はかなり良い状態でした。バッテリはほぼ新品と同じ挙動を示しますし、キーボードも擦れ等による印字ハゲが一切ない。
そのまま使用するなら全く問題ない端末です。ただSSD化には気をつけて。

また今度動画でも説明出しときましょうか。
ではまた。

-ガジェット, 備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

その旅を手軽に留めておきませんか?しかもお安く。HTC Re Diplo レビュー

こんにちは。Thinkと申します。 今回は先日イケメンブロガーさんたちとお会いする機会がありまして、その場で購入してしまった商品の紹介です。 目次.1 HTC Re Diplo1.1 内容物1.2 1 …

NuAns NEO Lumia 635 比較レビュー

どうも。Thinkともうします。 NuAns NEOとLumia635の比較 今回はMS燻製のWindowsPhoneであるLumia 635との比較を行おうと思います。 Lumia 635とNEOの …

ASUS ZenBook3 UX390UA-256GRG ローズゴールドを開封レビュー。上品なローズゴールドは男でも!

こんにちは。Thinkです。 今回はこちらのZenBook3を購入しましたので、そちらのレビューを行います。 今回はヨドバシカメラ京都店にて、125,800円で購入しました。また、GW期間中は5,00 …

Blackberry Classic 二週間使用レビュー

どうも。Thinkともうします。 BBC使用2週間レビュー 基本的なことは動画内で、述べているのでこちらでは補足や言い切れていないことを軽く。 動画はこちらより閲覧可能ですので、よろしかったらご覧くだ …

アマゾンフライング!新型NuAns NEOについて旧NEO保持者目線から考察してみる。

どうもこんにちは。Thinkです。 今回はAmazonでネタバレしてしまった新型NuAns NEOについての記事です。 2月18日に誤掲載されました。 現在ではページは閉鎖されていますが、発売日に関し …